サマースクール: London School of Economics (LSE)

サマースクール: 
London School of Economics (LSE)
Summer School
時期:7月~8月
【概要】
イギリス屈指の名門LSEが提供するサマースクールプログラム。
英語学習講座含め、金融・会計経済・国際関係など、100, 200, 300レベルの多岐に渡る分野の講座ラインナップを揃えた本格的な内容である。
講義内容は各3週間のプログラムが前期・後期の2期間用意され、それぞれの期で1科目のみを履修できる。(開講直後であれば履修科目の変更は可能)
中間試験・期末試験があるなど、MBAプログラムへの準備期間として活用できる。
(2010年の例)
Accounting and Finance
Economics
English Language
International Relations, Government & Society
Law
Management
【住まい】
LSEが抱える学生寮が複数提供される。
学校から近い街中の寮~ちょっと遠い寮まで複数あるが、価格・設備・住環境などで異なってくる。条件の良い寮から満員になっていく為、早期登録をしないとLSEまで遠い寮を割り当てられることがある。
【学生層】
アジア系の学生は少なく、欧米の学生が大多数を占めるのが特徴。
世界各国の大学から夏季休暇を利用して参加するundergraduateが多い為、平均年齢は20~22歳前後。MBAプログラムが始まって以降はやや疎遠になってしまうが、Facebookなどを通じて交流を続けることは可能である。
【メリット】
・英語での講義に慣れることができる
・世界各国に友人ができる
・参加に当たってTOEFLなどの英語力足切り基準がある為、英語が下手な学生はほとんどいない
・ロンドンの中心地での生活を経験できる
【デメリット】
・語学学校に比べて比較的費用が高い
【申込方法】
LSEのWEBサイトから登録する。
http://www2.lse.ac.uk/summerSchool/Home.aspx

広告