子供(学校制度)

1. 小学校について
ケンブリッジでは、4才の誕生日を迎えた子供は、9月から開始する小学校のReceptionクラスに参加することとなります。小学校の学年は、Receptionクラスから始まり、1学年から6学年までとなります。一般に、ケンブリッジは大学関係者の子供が多い事もあり、公立学校の教育レベルが高いと言われています。また、イギリスは、公立学校の授業料は無料です。
ケンブリッジでは、2008年より小学校への願書提出の方法が変わりました。従来は、希望する小学校を直接訪問し、校長先生との面接をしたり、直接願書を提出したりするような事があったようですが、2008年より、すべての願書はCambridgeshire County Councilに提出するように統一され、願書の提出の一次締め切りが11月末に設定されました。更に、On-lineでの願書提出も可能となりました。願書提出の為には、パスポート・ビザの写しと、ケンブリッジ市に6か月以上居住する事を証明する書類(賃貸借契約の写し)が必要となります。願書等のフォームは、Cambridgeshire County Councilのウェブサイトからダウンロード可能です。
願書には第一希望から第三希望の小学校名を記載する事ができますが、必ずしも希望する小学校に割り当てられるとは限りません。ケンブリッジ大学MBAへの留学の場合、一次締め切りの11月末ごろに住居を証明する書類が整うのは事実上不可能ですので、賃貸借契約を締結次第、その写しを添えて小学校への入学願書を提出する事になります。
また、願書を提出した場合でも、各小学校への割り当ては、各小学校の学区内(Catchment)に住居がある子供が優先的に選ばれていきます。従って、住居を決める場合には、希望する小学校の学区内にあるかどうかも、検討する必要があります。特に、人気の高い小学校は、学区内に住んだ場合でも、願書の提出が遅いためい、Waiting になる可能性が高いです。なお、当初は学区外の遠い小学校に割り当てられた場合でも、2~3カ月後に希望する小学校への入学許可がでる場合が往々にしてあります。従って、当面は割り当てられた学区外の小学校に通わせつつ、希望する小学校に空きがでるのを待ち、空きがでた時点で実際に転校させるか検討するという事になる例が多いと思います。
また各小学校に関する情報収集は、色々なルートを使い、現地の方に連絡を取ったり、Ofstedのwebsiteで査察報告書を確認する事が、主な手段となります。以下に、2009年度の一部情報を記します。いずれの小学校にも、日本人の子供が3~6名程度通っています。
Newnham Croft Primary School
「遥かなるケンブリッジ」の著者 藤原正彦さんのお子さんも通われていた小学校。ケンブリッジ大学の関係者が多く住むエリアであり、国際性豊かなのが一番の特徴であり、特に外国人に人気の高い小学校。また、英国の統一テストのランキングでもケンブリッジ市内では常に上位に位置しています。各学年の定員が35名、全体でも230名程度の中規模の小学校。Ofstedの査察結果は、2009年度は上から二番目の高い評価。大学関係者が多いことから、人の出入りが多く、当初Waitingでも、約2~4か月ぐらいで空席がでる事が多々ある模様。
Milton Road Primary School
Ofstedの2009年査察結果は、最上位の高い評価で、特に地元で評判が高い人気校。一学年60名の2クラスで、全体で約480名の生徒が在籍する大規模な小学校。校舎も広い。
Mayfield Primary School
Ofstedの2009年査察結果は、最上位の高い評価。各学年60名・2クラス、全体で380名程度の中規模から大規模の小学校。この小学校の特徴は、各学年に聴覚障害の生徒が在籍しており、手話を使ったコミュニケーションが授業に取り入られている点。
Queen Edith Primary School
各学年の定員約60名、学校全体で約410名。2009年度のOfstedの査察結果は、上から二番目の高い評価。
他に、私立の場合、ケンブリッジ市内には、St Mary’sSt John’s College School等の女子高があり、一学年15から20名の小規模クラスで運営されています。私立校の場合は年間100~200万円程度の授業料がかかります。
2. 小学校入学前の保育園その他の教育機関
ケンブリッジでは、様々な種類のChildcareが利用可能です。Opportunity Linksのwebsiteにて、各地域に所在するChildcareの連絡先その他の詳細をチェックできます。特に需要の高いものについて、以下に説明をします。
① Nursery
ケンブリッジ中心部にあるNurseryは私立園がほとんどで、受け入れ可能年齢、預ける時間帯、費用、給食の有無などが各Nurseryによって異なります。申込みは基本的に先着順です。住所確定後、インターネットやご近所から情報収集し、各Nurseryに申し込みます。また、Nursery Education Fundingにより3歳から4歳の子どもには通園料の一部が免除されます。
・ Nursery School(3~5歳・Term制・幼稚園のイメージ)
午前クラス、ランチタイム、午後クラスがあり、通う曜日とクラスを自由に組み合わせることができる。新年度の開始は9月第1~2週。Term前後とTermの中間にまとまった休みがある。私立の場合は2歳から受け入れるところもある。
・ Day Nursery(0~5歳・保育園のイメージ)
週1日~、終日預けることができる。土日祝日のみ休み。私立のため、両親共に就労者(学生)でなくても入園できる。
②Toddler Group(児童館のイメージ)
教会やコミュニティセンター等で開催されている。子どもを遊ばせながら、親はお茶を飲みながらの情報交換ができる。50p~£2のお茶代がかかることもある。
3. 大学やカレッジ関連のChildcare
Unibersity Nursery at West Cambridge
大学が運営するNursery。夫婦共に学生である場合などは、特に優先して入園できる。
②GU Parent & Toddler Group
University Centreにて毎週金曜日10:00~12:30に開催されている。学生や大学関係者の家族向けで、アジア系の親子連れも多い。おもちゃも多く、お茶代は無料。
その他の情報については、University Childcare Facilities and Assistanceをご覧ください。University Childcare Information AdviserからChildcareについての情報提供を受けることも可能です。
4. 日本人による育児および日本語教育関連のコミュニティ
・ケンブリッジ育児の会/にほんご教室
・嘉悦センターにほんごクラブ

広告