合格体験記 ( 2012, O )

【年齢】 31
【職歴】 戦略コンサルティングファーム→メーカーマーケティング→同社新規事業企画
【私費/派遣】 私費
【最終学歴】 慶應義塾大学大学院
【国外経験】 なし
【Why MBA】
経営に関する知識を体系的にまんべんなく身につけたかった。
異文化間でのコミュニケーションスキルを向上させたかった。
【Why Cambridge】
プログラムが1年制で短かい
学生のバックグラウンドが多様(国籍、職歴)
カレッジ制が面白そうだった(実際面白いです)
【TOEFL/IELTS対策】
AGOSでフルパッケージの講座を取りました。講座が進むにつれて点数があがっていったので、よい講座だったと思います。
【GMAT対策】
AGOSでVerbalのみ講座を取りました。Quantitativeの方はオフィシャルガイドブックを買って3回くらいやりました。本番の方が難しかったように思います。AWAはウェブにあるテンプレートで自分が使いやすいと思ったものを暗記しました。
【エッセイ対策】
AGOSでエッセイパッケージの講座を取りました。ネタをいくつかピックアップして、それをどういう風に問題にフィットさせるかというアプローチをとりました。
【推薦状対策】
コンサル時代の先輩と、メーカーで一緒に仕事をしていた技術系マネージャにお願いしました。会社に何も言わずに受けていたので、上司には頼みませんでした。書いていただいたものをそのまま提出したので、お願いした以外には何もしませんでした。
【インタビュー対策】
AGOSで2回ほどやりました。エッセイの内容に沿って質問をしてもらい、回答するという練習をしました。
【メッセージ】
受験勉強は面倒なこともありますが、留学はとても楽しいです。一時的な面倒を回避するために、将来の楽しみを捨てるのはもったいないので、頑張ってください!

広告