Cambridgeに到着してからのTo do

「Cambridgeに到着後のTo do」リストです。
2012年の学生が体験した情報を、忘れてしまわないうちにアップします。


1.住居確定
1.1.カレッジに住む場合
カレッジによって進め方が異なります。一例(St Edmund’sの場合)、カレッジ決定後に部屋の希望のアンケート→8月末に部屋決定、という流れでした。 割り当てられた場所に不満があれば交渉が通じる場合もあるので即交渉が原則です。家具や清掃サービス等も合理的に説得できればタダでいれてくれる事もありました(イギリスは何でも交渉の社会です!)。
また、カレッジでもCouple, Family向けのFlatに住んでいる人はCouncil Taxの免除申請が必要です。
1.2.カレッジ外に住む場合
物件数が相当少ないので覚悟する必要があります。まず、大学のAcccomodation Serviceに登録し、物件を物色します。
http://www.accommodation.cam.ac.uk/
ここのいいところは、民間不動産会社と比べて手数料が不要で、契約書が簡素であることです。また、直接訪問するととっても親切です。ただし、物件数は少ないです。おそらく、同時にRIGHTMOVEというインターネットサイトで、ケンブリッジ近辺の物件を物色することが必要になります。
http://www.rightmove.co.uk/property-to-rent.html
そこで気に入った物件があれば、不動産会社にコンタクトして、視察を申し出てください。物件数が少ないことから、視察をできる人でなければ不動産会社も相手にしてくれないので、可能であれば、早めに来て、探すことをお勧めします。また、物件によっては、見学した日に申込みの意思表示をしないと、他の人に取られる可能性があります。私の場合、不動産会社に手続き費用として£600を払い、手続きしました。申込みにあたっては、家賃の1.5か月分程度の預り金と、1か月分の家賃を前払いする必要があるので、家賃が高額だと、いかにポンドを用意するかも留意点になります。その後は、不動産会社の審査等を経て、契約になります。基本的に、学生は不可というケースが多いので、派遣の方は社員であることを強調した方がいいです。また、審査が難航する場合は、家賃の前払い月数を増やすのが一つの方法です。
契約が終わったあと、Council Taxの免除申請をCity Councilあてに行います。City Councilに行く前に、JBSに学生証明書を発行してもらい、それと居住者のパスポートを持参し、そこにある申請書を作成すると、免除されます。郵送でもできるそうですが、直接行った方が安心です。
2.銀行口座開設
JBS、ランゲージセンター(EAPに参加している場合)、カレッジのいずれかから在学証明のような書類を取得する必要があります。JBSに依頼すればすぐに発行してくれます。
開設時にパスポートか英国自動車免許が必要です。
VISA申請を英国でする人はVISA申請前に口座開設するか、英国自動車免許をとっておくべきです。
口座維持料が無料のため、Lloyds TSBを選ぶ人が多いです。EAP期間中にSantanderの口座開設イベントがありますが、口座維持料がかかるため、日本人で開いている人はいませんでした。
3.携帯電話購入
契約形態で前払い(pay as you go)と後払い(月払い)の2種類あります。後者は先に銀行口座開設が必要のため、ほとんどの人が前者を選択しています。pay as you goの場合は書類は不要、店に行けばすぐ購入可能です。どのキャリアも最低10ポンド程度からのプランがあります。
日本人学生では以下のキャリアが多いようです。
・giffgaff:O2のネットワークを使うベンチャー。O2、Threeより安い。留学生はよく使っているようです。
・Three:安いが電波が弱い。
・O2:料金はそこそこ。電波はよい
4.NHS登録
イギリスの健康保険制度です。最寄りの医者(GPと呼びます)に登録が必要です。
カレッジでどこが最寄か教えてくれます。カレッジによっては登録書類が置いてある場合もあります。
5.教科書購入
アドミッションから8月ごろにReading listが伝達されるので、社費の人は粛々と買えばOKです。
私費の人は、そもそも買う必要のない本もかなりあるため先輩に確認し、かつ先輩から中古を買うと安く済むと思います。図書館でも手に入ります。
6.Raven password、Eduroamの接続設定
どちらもそれぞれがCambridgeで使える2大wifiネットワーク設定に必要です。EAP中または、JBS入学後すぐに説明があります。ネットが繋ぎやすくなり便利になります。
これらとは別にJBSのwifiもあります。入学後に説明があります。
7.自転車購入
全部込み込みで50-100ポンド弱くらいで在校生から中古を買う人が多いです。
Dロックと呼ばれる頑丈な鍵は必須です。また、夜間はライトも法律上義務なので必須になります。
8.ガウン購入
Formalディナーに必要になります。
中古を買う人が多い(キングスカレッジの前の店で55£で購入可能)ですが、イベントごとに借りることも可能です。
Graduate用のものは全部同じMAガウンと呼ばれるものなので先輩から入手することも可能です。
カレッジによってはガウンの中古売買をカレッジ(やカレッジの学生団体)が仲介してくれる事もあります(たとえばQueensは中古MAガウンを35ポンドで購入できるイベントがある)
9.タキシード購入
所属カレッジによりますが、ほとんどのフォーマルイベントがガウンかスーツで済むため、クリスマスパーティーまで不要かもしれません。M&Sや大衆向けスーツ専門店でReady madeを買えば全部一そろい買っても100ポンド強なので日本で焦って買う必要はないと思います。
10.プリンター購入
あると便利のため、先輩から買う人が多いです。

広告