11月27日のWebinarでの質疑応答内容

11/27のWebinarには多くの方にご参加をいただきまして誠にありがとうございました。アプリケーションの準備のために少しでも役立ったのであれば幸いです。

告知させていただきましたとおり、Webinarでの質疑応答内容およびWebinar中に回答仕切れなかったご質問に対する回答をアップさせていただきます(一部内容を修正しているものもあります)。

なお、質問の内容に鑑みウェブ上にアップするのが適切ではないと判断したものについては割愛させていただきましたので、ご不明な点は個別に当サイトのお問い合わせ窓口経由でご連絡ください。また、回答内容については、あくまで本年度の在校生の個人的な認識・意見を述べたものにすぎず、Cambridge Judge Business Schoolの公式見解ではないことに今一度ご留意ください。さらにWebinarの場での回答という性質上、詳細なリサーチなどはできていない状態での回答となっていますので、情報の正確性につきましては、必要に応じてAdmissions Officeに確認するなどして各自でご確認いただければ幸いです。

(プログラム全般)
Q: elective やconcentrationはどのタイミングで決定するのでしょうか?
A: 2学期(Lent term)のelectiveはまさに今選択期間になっています。3学期(Easter term)のelectiveについてはおそらくLentの最後の方で選ぶことになると思います。concentrationもEasterのelectiveと同じようなタイミングで選ぶのだと思いますが、実際はどのconcentrationを選ぶかを見据えてLentのelectiveも選ぶことになるので、1学期目からある程度目星はつけておいた方がいいです。

Q: ケンブリッジ大学の一部であるということのメリットがいまひとつイメージ湧かないのですが、在校生の方が実感したメリットを具体的にお聞かせいただければ幸いです?
A: iTeamという学部・院と連携してテクノロジーを商業化する取組みなど、ビジネスの専門家として大学全体への参画が求められるのはユニークなところだと思います。

Q: MBAの過程で最も成長した部分というと、どのような点がありますでしょうか?(ハードスキル、ソフトスキル、マインドセット、価値観・・・)
A: まだ入学して2カ月なので難しいですが、一番苦しんでいる所(=おそらく成長するであろう)はチームマネジメントだと思います。現在Cambridge Venture Project (CVP) というプロジェクトをしていますが、まったく価値観や仕事の仕方の異なるメンバーと一緒にプロジェクトを進めていくことは難しく、同時に日々学ぶ事が多いです。またCVPと並行して、Management Praxis, Organizational Behaviour等の授業もあって、クラスで学んだ理論を実際にプロジェクトで実践して、そこからラーニングを得るというサイクルを今まわしています。

(起業・ベンチャー関連)
Q: ベンチャービジネス開発に興味がありますが、これを売りとしているIMDやIEと比べた特徴を知りたいです
A: 一つには立地が大きな違いだと思います。ご存知のとおり、Cambridgeはヨーロッパでも最大級のベンチャーcityです。プログラムとしてベンチャー系のものを用意することはどの学校にでもできるでしょうが、プログラム外で実務家と会う機会が多い(あるいは会おうと思えばそこらじゅうにいるのでいくらでも会える)というのはCambridgeならではだと思います。実際、授業後の夕方には、ベンチャーのCEO、投資家などによるトークイベントがこれでもかというくらいあります。今の時期はちょうど、Start-up Weekendというイベントもあり、週末にメンターの指導のもとでビジネスプランを作り上げてピッチするというイベントもあります。ビジネススクール主催のものだけではなく、University主催のものまであるので、全てを味わい尽くすことは困難なレベルです。

Q: どのような分野で起業される方が多いか教えてください。
A: ケンブリッジ大学はいわゆる理系分野に強いこともあり、理系のテクノロジーをベースにした起業が多いように思います(renewable energy, bio系, あとはいわゆるTech系など)。

Q: もし女性関連のプロジェクト等で何か他のビジネススクールとの違いとして意識された点等がありましたら(もしくはなければその旨)ご教示いただければ幸いです。
A: 受験時については、女性関連のプロジェクトとして意識して学校選定をしていませんでした。一方で、当校は女性比率が40%弱と高く、女性の同級生同士で女性のリーダーシップに関する学生団体を立ち上げている人たちもいますので、様々なプロジェクトや活動を自主的に実施する環境は十分にあります。

Student Interest Group (SIG) その他の課外活動)
Q: アフリカやソーシャルインパクト関連の活動として、ケンブリッジではどのようなものがあるのでしょうか?
A: Africa Business Networkという学生団体があり、年に1度大規模なアフリカビジネスカンファレンスを企画運営しています。また、ケンブリッジ大学はアフリカ(今年はトーゴ、ギニア、ブルンジ、南アフリカ)出身の学生が一定数おり、ケンブリッジ大学所属のAfrica Societyとの交流も活発です。そういう観点では、ビジネススクールの学生として在籍し、アフリカ関連の学習の場、交流の場を得ようとすると、カバーできないくらいの機会があります。また、Social Innovation SIGがあり、ビジネスコンペティションへ挑戦するグループやカンファレンスの開催を企画しているグループもあります。ソーシャルインパクトに関心のある学生は多いです。

(出願関連)
Q: 面接時の具体的な質問とアドバイスを頂けないでしょうか。
A1: ケンブリッジの面接は非常にオーソドックスなスタイルで、why MBA, why Cambridge, why now等の質問が多いです。トリッキーな質問はほとんどないと思って頂いてよいかと思います。また雰囲気もThe面接というよりも、会話、カンバセーションというイメージに近いかと思います。アドバイスとしては、自分をよく見せるというよりは自分らしさを意識して、自然体で面接を楽しむことが大事だと思います。
A2: 質問については基本的にエッセイの深堀りが多く、予想だにしないような質問はまず出ないかと思います。インタビュアーは入学前のキャリアや卒業後のキャリアに関連するFaculty memberになることが多いです。面接自体は30分程度かと思います。

Q: 〜月頃キャンパスビジットに行きたいと思っているのですが、可能でしょうか?また授業見学は可能でしょうか?
A: Admissions Officeにご相談ください。また、日本人在校生もビジットに際してお話しなどさせていただくことも可能ですので、当ウェブサイトのお問い合わせ窓口より個別にご相談ください。なお、2015年については、12/15に試験があり、それが今学期の最終日になりますので、そのあとのビジットですと、日本人含め多くの学生がCambridgeを離れている可能性が高いです。また、授業自体は12/4が最後です。

Q: 出願のタイミングはどのように決めましたか?特にRound3以降で遅くなっても良いスコアのほうがよいのでしょうか?
A: (※あくまで日本人在校生個人の見解であることに改めてご留意ください。)私は、自分のエッセイ、スコア等のアプリケーションがある程度形になった後のRound3で出願しました。それらが早くそろえば早いラウンドの方がいいかもしれません(正解はありませんが、キャラ被り等のリスクは少なくなるのではないかと思われます。)。個人的な感覚としては、スコアはある程度戦えるスコアさえあれば、極端に高スコアを目指す必要はないのではないかと思います。スコアにこだわりすぎるよりもエッセイ等に時間をかけることが重要だと思います。

Q: 年齢に関して質問です。私は30代中盤なのですが、年齢が高いことで不利なことはありますでしょうか?
A: ケンブリッジはmatureな学生が多く、他の国籍の学生ですが30代後半の学生も数人いますし、日本人在校生の平均年齢も30歳を超えています。年齢が高いということは、それだけビジネス経験が豊かということだと思うので、色々と授業で貢献できるかと思います。そういう意味で、年齢が高いことだけで直ちに大幅なマイナスになるということではないと思います。

(Webinar中で回答できなかったご質問)
Q: 再受験での合格可能性。
A:我々では把握できていないので、Admissions Officeに問い合わせ頂くのが宜しいかと思います。

Q: 幼児を連れて単身でMBAに来る場合のサポート体制等。
A:日本人在校生の中には該当の者がおりません。他国出身者に該当の者がいるか分かりませんが、もし該当の者がいれば個別にご紹介させていただくことも可能ですので、当サイトの問い合わせ窓口よりご連絡ください。

Q: IELTS overall 7.5だが全セクション7.0ではない場合(Sだけ6.5など)も条件付合格になってしまうのでしょうか。
A: 条件付になる可能性はあると思います。私はOverall 7.5(Wだけ6.0)でしたが、条件付合格になりました。インタビュー後、条件付合格(ケンブリッジでは始めのOfferは誰に対してもReservation feeの支払い等諸手続きを終えるまではConditional Offerです。)を頂き、Admissionから別途オンライン英語試験の案内があり、その試験の結果、約5週間の語学学校に参加することを条件に合格となりました。

Q: Women’s Leadership Initiative missionという取組をサイトで拝見しました。こちらはどういった取組になるのでしょうか?また、ほかに女性のリーダーシップに関連するプログラム等特筆すべきものがございましたらご教示ください。
A: 日本人在校生の中で関与した者がいないため、恐縮ながらアドミッション等にご確認いただけますと幸いです。ただし、これらの取組みについては、後日ブログで特集することも検討しております。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中