合格体験記 2015 -3 (うっかり参謀)

皆様、遅れ馳せながら新年明けましておめでとうございます。Round 3の方は出願を終えて一息つかれていることと思いますし、Round 4の方はこれからですね。

さて今日ご紹介するのは、今年度の日本人メンバー随一の参謀キャラ、その名も「うっかり参謀」くんです。いや別にうっかりしてないじゃん、と突っ込みたくなるくらいしっかりしているのですが、本人の強い希望によりこの名前に落ち着きました。彼は、成長に対する意欲というものがすごく強く、よく勉強します。のみならず、新しい組織の立ち上げといった課外活動にも非常に精力的で、クラスメイトから多くの尊敬を集めています。そんな彼は料理も上手。と、なんだか完璧な人になってしまいましたが、筆者と時折議論に熱中しすぎて周りが見えなくなることがあるのが玉に瑕といったところでしょうか。

【所属カレッジ】Darwin
【出願ラウンド】Round 3
【入学時年齢】30
【家族帯同の有無】1-4月のみ滞在
【職歴】マネジメントコンサルタント
【学歴】法学部卒
【海外経験】大学在学中にアメリカ合衆国に1年、仕事上では日本で働きつつも海外オフィスとの連携に英語を使用
【私費/社費】私費

【Why MBA】
誰でも地理的・文化的制約無しに国境を越えて活動でき、どこに居ても欲しい製品・サービスが手に入るような世界に憧れています。そんな世界の実現に向けて、まずは自分の活動エリアを世界に拡げるためMBAを選びました。

【Why Cambridge】
コンサルティングと同程度・それ以上の速度で成長する為に短期集中の1年制MBAが私にはフィットしていました。その上で、一流の人材が集まるトップスクール、誰でも知っているネームバリュー、居住地としての街の雰囲気が特に決めてでした。

【入ってみてここが良かったCambridge】
国籍・文化のマジョリティがなく、真の意味でのダイバーシティ・インターナショナルが実現されています。”コラボ―レーション重視のリーダーシップ”は多くの学校で掲げらているテーマですが、前述の環境があるからこそ、本当のコラボレーションの難しさ・インパクトを学ぶことができていると感じます。さらにオックスブリッジ特有のカレッジシステムや学生団体を通じて、ケンブリッジ大学全体の知識・知性と交流できるのは、大きな魅力に感じます。

【メッセージ】 本ホームページを通じて、JBSの魅力を伝えていけたらと思います。質問コメントなど大歓迎です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中