2016年版 Financial Times Global MBA Ranking

Financial Times紙の世界MBAランキング2016年版が発表されました。

同紙によれば、ケンブリッジ大学ジャッジ・ビジネス・スクールは、昨年の13位からさらにランクアップし、世界10位にランクされました。受験生の頃はこんなランキング眉唾ものだろうと思って真面目にとらえていませんでしたが、いざ在校生になってみると、自分の大学のランキングは気になるもので、この結果も素直に喜んでいます。(※追記:過去5年間の順位推移は、26位→16位→16位→13位→10位)

学校経営という観点からも、このランキングがアプリカントの数に大きく影響するのでしょうから、ケンブリッジにとっては非常に喜ばしい結果であることは間違いないと思います。(なお、明日学校側からこのランキングについて説明があるようですので、もし面白い話があれば追記します。)

※1/25追記:本日学校側からの説明がありました。主なポイントは以下のとおりです。Alumni関連のデータは卒業後3-5年の人が対象になっているようなので、2009-12年卒の先輩方の功績によるところが大きいのかなと思います。

  • ランキングの元になっているデータは、Alumni(卒業後の年収、昇進等々。合計59%)、School(学生・faculty等に占める女性・インターナショナルの割合、研究成果等々。合計41%)の大きく2つからなる(より細かい説明もありましたがここでは割愛)。
  • JBSが昨年から3つ順位を上げた大きな要因の一つがAlumniの年収関連の数値の上昇。
  • ランキングに関しては特にターゲットは決めていない。ランキングは確かに重要なのだが、上記のとおりJBSの理想とする学びの環境と整合しない点もある。
  • 具体的には、ランキングをさらに上げようと思えば、ファイナンス・コンサルティングバックグラウンドの人(あるいは将来そこに進む希望のある人)をたくさん取ることが一つの有効な手段なのだが、その結果多様性が犠牲になる。

ランキングの詳細はこちら↓
http://rankings.ft.com/businessschoolrankings/global-mba-ranking-2016

JBSによる記事はこちら(Deanのコメント付)↓

Cambridge MBA climbs to 10th in global FT rankings

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中