合格体験記2017-12

【所属カレッジ】 Hughes Hall
【出願ラウンド】 4th出願(waiting list)→5th合格
【入学時年齢】 20代後半
【性別】 女
【家族帯同の有無】 無
【職歴】 化学メーカー5年(損益管理)
【学歴】 大阪大学経済学部
【海外経験】 1年(米国)
【私費・社費】 社費

【受験スケジュール・使用した教材】
2015年6月:社費決定
11月:IELTS1回目
2016年1月:IELTS2回目(出願スコア)
4月:GMAT通塾開始(AGOS)
7月:GMAT1回目
8月:GMAT2回目(キャンセル)
9月:GMAT3回目(キャンセル)
11月:GMAT4回目・エッセイ本格開始
2017年1月:1校目出願
2月:1校目面接・合格
3月:GMAT5回目・Cambridge出願
6月:Cambridge現地面接・合格
IELTSは、主に市販テキストで対策しました。
GMATは、OG・AGOSと並行して、有志で勉強会を開催しました。勉強会メンバーには、情報共有やモチベーション維持という面でとても助けられました。

【Why MBA】
現在のビジネスフィールドに留まらずに、広い視野を持って決断・実行できる人材になりたいと考えているが、そのための能力も自信も足りないと考えたため。
また、他業界で活躍する人がどうやって仕事を進めているのか、実際に見て学ぶことで、自分の仕事への取り組みをもっと柔軟にしたいと思ったから。

【Why Cambridge】
①1年制(会社規定)
②多様性を重視していること
③在校生・卒業生が魅力的であること
④プロジェクトが経験できること
⑤総合大学でMBA以外の人とも関われること

【入って良かったこと】
総合大学であること、歴史のある大学であること強みを色々な場面で感じます。
①プレコースに参加したことで、他専攻の友人がたくさんできたこと
②図書館の蔵書数や使えるデータベースが豊富
③衣食住・学問が自転車圏内で完結できること
意図したことではないですが、部屋がクリケットフィールドに面していて、景色が良いです。

【メッセージ】
受験勉強に時間がかかってしまいましたが、会社の先輩や受験仲間、在校生・卒業生からのアドバイスや励ましが支えになりました。面接ではケンブリッジ在校生と積極的に話をしているかも確認されました。気持ちに余裕がなくなると、冷静な判断が難しくなりますが、お金で解決すべきなのか、周りの人に助けてもらう方が良いのかを、素早く判断しながら進めることが大切だと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中