合格体験記2017-13

【所属カレッジ】 Wolfson
【出願ラウンド】 5th
【入学時年齢】 30
【性別】 男
【家族帯同の有無】 有
【職歴】 インフラ
【学歴】 京都大学
【海外経験】 なし
【私費・社費】 社費

【受験スケジュール・使用した教材】
2016.6 GRE(1回目)
2016.8 GRE(2回目)
2016.10 GRE(3回目)
2016.10 エッセイ開始(Round One)
2016.12 面接準備(Matthew Aldridge)
2017.3 IELTS(7.5クリア)
2017.5 出願、2週間後面接招待通知
2017.6 Skype面接、2週間後合格通知

【Why MBA】
所属会社が海外ビジネスを展開しつつあり、その前線に立ちたいと思ったとき、MBAで経営に関する知識と語学力を身につけることが最良と考えたから。

【Why Cambridge】
・ハンズオン系プログラムがとにかく多い
・Diversity
・車がなくても生活できる
・安全な町

【入って良かったこと】
カレッジで生活することのメリットが想像以上だった。カレッジの図書館、ジム、食堂等がすべて住居と隣接していて、効率的に生活する環境が整っている。ほぼ常にカレッジの受付にはポーター(守衛)がいるので、家族連れも安心。

【メッセージ】
スコアメイクに時間がかかり、遅いラウンドで出願することを余儀なくされましたが、何とか合格にたどり着きました。GMATがだめならGRE、TOEFLがだめならIELTSと、(できれば早い段階で)自分に合うテストを考えてみるもの良いかもしれません。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中