合格体験記2017-8

【所属カレッジ】 Churchill
【出願ラウンド】 3rd
【入学時年齢】 36
【性別】 男
【家族帯同の有無】 有(4歳子連れ)
【職歴】 製薬企業8年
【学歴】 東京薬科大学(博士)
【海外経験】 米国半年
【私費・社費】 社費

【受験スケジュール・使用した教材】
2016年5月:社費決定
6月:IELTS受験(市販テキスト)、GMAT準備開始(Official Guidebook+濱口塾教材)、エッセイ開始
8月:GMAT受験開始、以降は12月まで月1回受験
8月:Refecenre Letter依頼
11月~12月エッセイ更新、キャンパスビジット
2017年1月:ケンブリッジ出願、面接準備(Matthew Aldridge)
2月:現地面接・合格

【Why MBA】
医薬品開発で中心的役割を果たすために必要な医薬品事業全般を理解した上での戦略的な展望や、グローバルリーダーシップを伸ばすため

【Why Cambridge】
・一年制
・学生のDiversityとMaturityが高い
・リーダーシップを伸ばすことに強いカリキュラム
・ヘルスケア系のスタートアップとのコネクション

【入って良かったこと】
・他の学部やケンブリッジ発のスタートアップネットワークが主催するイベント・レクチャーの数がとても多い。
・他学部性との交流
・家族向けカレッジ設備の充実
・治安の良さ
・歴史・文化面での刺激

【メッセージ】
MBA合格の道は人それぞれで、早めに自分に合ったやり方を見出すことが重要と思います。テストスコアと自分の背景情報のバランスをアドミッションとも相談して進めると効率が良いと思います。頑張ってください!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中