合格体験記2018-1

【所属カレッジ】 Downing
【出願ラウンド】 Round 0 (日本でのInformation sessionが8月に実施されていて、その前にApplicationを出すとそのInformation sessionの時にInterviewを受けることができた、非定期開催だと思われる)
【入学時年齢】 35
【性別】 男
【家族帯同の有無】 有
【職歴】 IBM Japan(11年)
【学歴】 慶應大学大学院理工学研究科
【海外経験】 無
【私費・社費】 私費

【受験スケジュール】
2013年末:MBAを目指そうかと思う
2014年1Q:MBAについてリサーチしMBA受験を決心
2014年2Q-2016年2Q:IELTS 5.5から7.0へGMAT本移行(2017年4月にGMAT680後にもう一度IELTSを受けて7.5)
2015年2Q-2017年1Q: GMAT 680
2016年4Q-2017年2Q:カウンセリング全般
2017年9月:合格

・費用概算
英語関連読み物:1.26万円
IELTS:100.48万円
GMAT:146.12万円
カウンセラー系:90.36万円
勉強場所確保:40.00万円

【Why MBA】
・子供の頃から留学をしたかった
・Careerを考え直すきっかけが欲しかった
・外資系企業に就職したがGlobal Executivesとはうまく会話ができなかった
と思っている時に、帰国子女の会社同期がUCLA MBAに留学しており、話を聞いた際に、「帰国子女じゃなくてもいい」と言われたこと

【Why Cambridge】
・歴史が大好き->ヨーロッパ
・歴史的雰囲気
・ビジネスだけは嫌だ(他学問とも関連したい)-> College制等
・元々理系 -> Nobel賞はOxfordより多

【入って良かったこと】
・College制は予想通り素晴らしい
・University of Cambridgeという歴史が深いところに住むという経験ができること
・日本にいると文化の違いとか言いつつ知っていることはアメリカ系が多くなるが、ここに来ると本当にみんな違うと感じられること

【メッセージ】
本当に辛いことばかりだと思いますが、合格者はみんなそうです。
諦めずに頑張ってください。頑張っているとたまに幸運の女神が味方をしてくれて、良い結果が出ることがあります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中