合格体験記2018-3

【所属カレッジ】 Darwin
【出願ラウンド】 3rd
【入学時年齢】 27
【性別】 女
【家族帯同の有無】 無
【職歴】 官公庁(3年)
【学歴】 東京大学経済学部経済学科
London School of Economics, MSc in Risk and Finance
【海外経験】 1年(英国にて修士号取得)
【私費・社費】 社費

【受験スケジュール】
2015年12月:社費派遣決定
2016年5月:GMAT1回目
2016年8月:GMAT2回目(出願スコア)
2016年10月:金融修士号取得に向けて数校に出願
2017年3月:GMAT3回目
2017年7月-:ロンドンにて留学開始(金融修士号)
2017年10月:IELTS7.5獲得(出願スコア)
2017年12月-2018年1月:MBA出願
2018年3月:Interview, 合格

・費用概算
IELTS: 50万円 (受験料含む)
GMAT: 30万円 (受験料含む)
カウンセラー(Essay, Interview): 20万円

【Why MBA】
・漠然と留学がしたかった
・修士号を前年に取得していたので、より実践的なコースで学びたかった
・もともとの専門である金融に限らず、幅広くビジネスについて学びたかった

【Why Cambridge】
・プロジェクト重視
・総合大学であること
・日本における知名度・ランキング

【入って良かったこと】
・予想以上に実践的で勉強以外からも学ぶことが多い
・カレッジ制等を通じて、ビジネススクール以外の学生とも交流することができる
・授業以外の活動の自由度が高く、SIG(勉強系サークル)の活動やケースコンペへの参加など、自分次第で何でもできる

【メッセージ】
「MBAの準備は大変だけど、入ってからはその苦労を遥かに超える素晴らしい経験ができる」とよく聞いていましたが、本当にその通りだと思います。毎日いろいろな人といろいろな経験をすることができ、入学して2か月足らずで多くのことを学び吸収できていると感じます。アプリカントの方にはぜひ頑張っていただきたいですし、漠然とMBAを考えている方にも強くMBA留学をおすすめしたいです。

広告

合格体験記2018-3」への1件のフィードバック

  1. 12月にケンブリッジ大学の面接を受ける者です。ケンブリッジ大学の面接で、一般的なインタビューとアカデミックなインタビューについて少しお伺いしたいです。もし宜しければ、下記のメールアドレスにご連絡頂けると嬉しく思います。
    azbazbmsfmmsfm@gmail.com

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中