合格体験記2018-4

【所属カレッジ】 Hughes Hall

【出願ラウンド】 3rd

【入学時年齢】 34

【性別】 女

【家族帯同の有無】 無

【職歴】 ソフトウェアエンジニアリング5年)、コンサルティング(7年)

【学歴】 国内私立大学(文系)

【海外経験】 3年(シンガポール駐在)その他、業務やインターンにて海外滞在3か月ほど

【私費・社費】 私費

【受験スケジュール】

2015年11月:受験決意、準備開始

20163月:IELTS1回目 7.5獲得(出願スコア)※TOEFL5回受験後に実施

20167月:GMAT2回目 690(出願スコア)

2018年1月:MBA出願

2018年3月:Interview, 合格

・費用概算

TOEFL、IELTS: 25万円 (教材、受験料含む)

GMAT: 40万円 (塾、受験料含む)

カウンセラー(Essay, Interview): 50万円

インタビュー対策費用:10万円

Visit、インタビュー現地実施に関する費用:30万円

 

 

【Why MBA】

  • 多国籍チームで効果的にリーダシップ経験を積みたかった
  • 海外で就職したいと思った
  • 業務経験を経て断片的に経た知識を、体系的に得たかった

【Why Cambridge】

  • 一年生
  • Collaborativeな雰囲気
  • 総合大学
  • 立地(シリコンフェンというTech系のスタートアップの集積地に存在)
  • 海外での知名度

【入って良かったこと】

  • 総合大学であることが予想以上によい。様々な業界の研究の権威にすぐにアクセスできる。しかも、多くの人が協力的
  • 機会が多すぎて選択するのが大変
  • 期待以上に授業が面白い
  • クラスメイトにTech・起業に興味がある人が多い
  • 職場という戦場を離れて、階層も、タイトルもないフラットな環境で、刺激的なクラスメイトと関与することで、自分の弱み、強みや、どんな人間になりたいのか人生に考える深く時間がもてる
  • 海外での就職に関して、Cambridge大学の名前が持つブランド力が大きい

 

【メッセージ】

スコアメイキングやエッセイ作成、インタビュー練習等の準備に対する労力に加え、私費ですと、資金面での不安も重なって、受験をあきらめる人も多いですが、諦めずにやりきることをおすすめします。

数字だけで見ると確かにビジネススクールの学費は高いですが、受験期間や合格後に出会った人たちとの出会い、そこから自然に発生する機会の質を考慮すると、全く高くないです。(入学後まだ5か月ほど経過しておりませんが)

受験を目指してから今まで、本当に素敵な出会いに恵まれ、多大なご支援を受けてきました。

今度は自分が在校生という立場で、以前の自分のように苦しんでいる受験生の方をサポートすることで、Pay forwardしていきたいなと思っています。

Cambridge大学含め、MBA受験全般のことでも構いませんので、お気軽にお問合せください。一緒に、頑張りましょう!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中