合格体験記2018-5

【所属カレッジ】 Homerton
【出願ラウンド】 5th
【入学時年齢】 36
【性別】 女
【家族帯同の有無】 無
【職歴】 電機メーカー11年
・材料エンジニア7年
・新規開発マーケティング/営業4年
【学歴】 国内国立理系
【海外経験】・学生時代ケンブリッジ大学に3ヶ月間交換留学
・米シリコンバレーに2年間勤務
【私費・社費】 私費 (一部、大学からのBursary Award)

【受験スケジュール】
2018年7月 IELTS 学習開始(ベルリッツ)
2018年8月 IELTS 1回目
2018年9月 IELTS 2回目(出願開始)
→この時点はGMATの必要無い大学出願を検討
2018年12月 ケンブリッジ出願を決意、
GMAT学習開始(独学)
GMAT 1回目
エッセイ作成開始(BEO)
2019年1月 GMAT 2回目
2019年3月 初旬GMAT 3回目(出願スコア)
→低スコアのまま4thラウンド出願
末5thラウンドのWaiting listに入り、5月初旬までにGMATスコアなど、情報更新の指示を受ける
2019年5月 初旬GMAT4回目
→スコアアップできず情報更新できず
末5thラウンドインタビュー通知
2019年6月 インタビュー(スカイプ)・合格
2019年7月 中旬Pre-sessional 受講必要の連絡を受ける(IELTSスコアが7.5に満たなかったため)
急遽VISAを取得、会社の休業を前倒し
2019年8月 初旬渡航

【Why MBA】
技術系からマーケティング、営業に転身後、ビジネス知識やスキル不足を感じたため

【Why Cambridge】
・学生時代に交換留学をし、多様性を重視する文化に魅力を感じたため。
・総合大学としての魅力
・1年プログラムであること

【入って良かったこと】
・多様なバックグラウンド、積極的なメンバーの中でどの様にチームに貢献していくか、自分の力を発揮していくかの訓練になる。
・世界中の素晴らしい仲間、先生方との出会い
・敢えてMBA学生の少ないHomerton Collegeを選んだので、他の学科の人との出会いが多い

【メッセージ】
・MBAは大学毎に特徴や雰囲気が全く異なるので、ランキングではなく、自分の目的に合った大学を選ぶ事が大切だと思います。
・準備にかけられる時間が殆ど無く、特に渡航直前は精神的にも物理的にも大変だったので、準備は早めに開始する事をお勧めします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中